インタラクティブ・ティーチング フォーラム

教員を目指す学生や、既に働いている教員、また教育そのものに関心の強い一般の方まで広く対象とし、
主体的に学ぶための教育のあり方について展開する
「インタラクティブ・ティーチング」フォーラム第1回のフライヤデザインを担当しました。

受動的・一方向(one way)ではなく、
能動的・双方向(interactive)に交わることで
新たな道が指し示されることをビジュアライズしています。

[→イベント詳細]